トッ プページ
KAFについて 活動内容 ス ケジュール 報 告
リンク アダプテッド大会
スポンサー




イベント一覧


 

神奈 川県エアロビック連盟の活動 は、文部科学省が提唱する
「生涯スポーツの意義」のキーワード

  1. 「健康な生活」(健康スポーツ)
  2. 「生きがい」(エンジョイ・スポーツ)
  3. 「人との触れ合い」(コミュニケーション・スポーツ)

を基本的柱とし、『楽しくなけれ ば、エアロビックではない』を モットーに、みなさまに楽しくエアロビックに参加していただけるよう、エアロビックの普及・振興活動を行っています。

  • 指導法や技術の研究開発
  • 競技会、発表会などイベントの企画と運営
  • 講習会、検定会などの企画と運営
  • 指導者、選手、審判員などの育成と強化
  • その他エアロビックの普及

■アダプテッドエアロビック

 アダプテッド(adapted) とは、「適合する」「順応する」という意味があり、 アダプテッドエアロビックとは、障害のある方を中心に、個人の運動能力に合わせたエアロビックです。
障害のある方が健康づくりやリフレッシュを目的にした「生涯エア ロビック」だ けでなく、技を競う「競技エアロビック」などにも参加できるよ う指導プログラムや指導法の開発、指導者育成などのほか、各種イベントの企画・運営、更に指導者間の交流なども行っています。
また、普及活動の一環として、公共機関などへの指導者派遣も行っています。

■生涯エアロビック

 幼児から高齢者まで年齢を問わず、健康づくりの一環である「生涯スポーツ」と
して「だれ でも」「いつでも」「どこでも」「楽しく」できるエアロビックの普 及をめざしています。

愛好者の技術向上を目的とした技能検定会の開催や、指導者の資質向上をはかる
指導者研修会などを開催しています。

現在問題になっている小学生の生活習慣病の予防にも、エアロビックが有効との
視点から、ジュニア層への普及にも力を注いでいます。

■競技エアロビック

 これまでのエクササイズ(運動・体操)としてのエアロビックをベースに「高度の技」を 加 味した競技スポーツ種目として、個人あるいはチームで技術を競い合 うのが「競技エアロビック」であり、最近では国内での人気が高まっており、特にジュニア層の参加者が増えています。
競技エアロビック普及のため、競技力向上をめざしたスキルアップセミナーの開催や各種競技大会の企画・運営、選手の強化、指導者や審判員の資質向上をめざ した研修会や勉強会などを行っています。

国内での主な競技会

  • スズキワールドカップ 世界エアロビック選手権大会
  • スズキジャパンカップ 全日本エアロビック選手権大会
  • スポーツエアロビック
  • 全日本学生エアロビック選手権大会
  • 全日本高等学校エアロビック選手権大会
  • JOCジュニアオリンピックカップ
  • 全国フライト・エアロビック選手権大会
  • 全国ユースフライト・エアロビック選手権大会
  • 全国エアロビック交流大会   その他
もどる
トッ プページ
KAFについて 活動内容 ス ケジュール 報 告
リンク アダプテッド大会
スポンサー




イベント一覧